人気ブログランキングへ

2011年06月17日

つぶやき集 -2



予告編候補になかったこっちに来たかの今日。




携帯にて撮影(@京都東寺、一昨年の秋)




急ぐことの価値がない暮らしを只今デザイン中なのです。タイム・イズ・マネーじゃない暮らしね。しかしながら、タイム・フライズ・ライク・あん ・アローには違いない。光淫矢の如し。←淫がちがうだろ、淫が、

しなやかな春が目の前にあります。どっしりと構えた山も、朝陽を浴びざわめき始めました。みなさん、おはようございます。

80年代前半にダビングしたカセットテープ300本、その中から特にお気に入り37枚のCDを大人買いしたChama♪のこころはうきうき、子供なみ(笑)

グラスの底に顔があってもいいじゃないか。by たろーおかもと

昨日はどっぷり疲労していたけれど、ぐっすり眠って目が覚めたら、元気な朝が来た。風はしっとりと冷たくて気持ちいい。山に向かい登り、朝陽を浴びて来よう。

俺は20代の若者の頃子供が好きだなんて思っていたけれど、それは勘違いだった。俺は子供が好きなのではなく、子供のような自分が好きなのであった。そして、今も尚、

素敵な写真を撮るひとの文章を読むと、映像が目に見えて来ます。しかもそれは写真と同じように、見た目以外のものも写し出しています。写真側から文章へ向かうのか、文章側から写真へ向かうのか。それは、同じようで違うのか、違うようで同じなのか知りたくなりました。

モラルの低下、それは無知から来るもの。モラルを治すのは大変に思えるけれど、無知を治すのは難しくはない。無知にならないよう、自分も気をつけよーっと。

わぁ、過去のつぶやきを今見ていて、返事をつけていないのがたーっくさんあったことに気がつきました。ごめんなさい、今つけました、時既に遅しもありますが、ご容赦のほどを。

いち川の市川くん、もとい今日から純と呼ぶことになったのだが、彼と呑んだ。いい男と呑む酒はほんと美味いなぁ。サイコー、純いろいろありがとな。おやすみー、zzz

草の上に寝転んで、司馬遼太郎の『人間というもの』を読んでいる、いや読もうとしといる。蟻んこが身体中によじ登って来て、本なんか読んでらんない、カッコ悪ぅ(笑)

歩いた、撮った、ふと気がつくと、4時間、200枚。

昼ちょい前から車で山に出かけ、渓流でざる蕎麦茹でて食べて、あっちこっち散策して先ほど帰宅、ふと気が付くと撮影した写真350枚(爆)

悲しみ深く見る花の美しきかな

日常は時が刻まれ、野営では時が流れる、そんな感じがします。

焚き火はひとを饒舌にし、また時に黙らせたりもする、

そぼ降る雨の中、鳥たちの朝のさえずりが聞こえ始めた。おやすみ、

嬉しい悲鳴、今mixi開いたらコメ50件超え、blogは本日のアクセス300件超え、ひょえーっ!いつも皆さんありがとう。

自然を深呼吸する暮らしがここにある。豊かさとは・・・、それを追い求めるために俺の人生があるのだ。(

雨の子守唄がきこえる、、、おやすみなさい。

死とは多くのエネルギーをまき散らすものだとつくづく思う。

大切なのは知ることではなく、 感じられる自分でいられるか、 そこに根っこが生えているんです。

このところ、種田山頭火の言葉に触れている。読み手自身の感受性と胆識が鍛え上げられねば、あの削ぎ落とされた文章を読み砕くことが出来ない。丸呑みしても味はなく、わが身の寂しさを覚えるばかり。そのような中不意に落ちてきた言葉を、後ほどつぶやこうか、

句読点。読点をじっと見つめる今日このごろ、

Chama♪が読点に魅せられているのは、句点と違い極めて使い方が柔軟な点。 正しい使い方なるものも勉強はしましたが、それと違う視点で読点を活き活きさせることが出来たら楽しそうだなぁって、そう思いました。 簡単ではありませんが、継続は力なるかも知れないので、暫く読点遊びを続けます。

とりこぼすくらいの丁度よさ、

目覚めを葛藤の始まりにすることなかれ、おっはよ〜

葛藤のない朝一日目は、鳥たちのさえずりとつんとした風

ふと目が覚めたらまあるい月に夜風

写真は撮る側のものではなく、見る側のものなんだな、そーじゃないとつまんないもんな、

雨音と雨風を浴びる夜

期待しない、求めない、依存しない。Chama♪が大事にしているみっつのない。(

写真と言葉の接点を探す旅に出ました

今どうあるかより、これからどうありたいか、だな。

言葉遊びほど贅沢な創造はない

雨は降っても晴れる

いいひとって何、わからない

無駄や矛盾がある方が人間らしい、俺、とっても人間らしい

放棄したい仕事など放棄して構わない、放棄できないということは、本当は放棄し たくないだけなんだ

自然と一体になるためのファインダー

素通りしていた景色も、こころを込めカメラで切り取れば芸術に変わる。芸術なんてもなぁ、その辺に転がってんだよ

つぶやくなら、夜

自然と名のつくあらゆるものに生かされていることに感謝をしながら生きる。そのしなやかさと強さ、それが豊かさなのだと思う。

勝手気ままだからつぶやき

存在感って重力に似ているなぁ

写真は、気付きだ。

存在感って重力に似ているなぁ

写真は、気付きだ。

4時前から鳥たちが囁き始め目が覚めた。

あ、また昨日と同じ3時58分、目が覚めた。暫くしたらまた鳥たちがさえずり始めた。

今日は3時58分じゃなくて4時28分だった。もう鳥達が元気にさえずってた。地球は今日も元気みたいです。

見せないなら徹底して見せずに魅せる。見せるなら徹底して見せて魅せる。ほどよく見せて魅せる。魅せ方のさまざま、

ハイラックスピックアップ2シータ(エアコン無し)、ジムニー超スパルタン仕様(エアコン故障しっぱなし)、ミゼットⅡ(エアコン快調なるも車1年未満で大破、廃車)、ベンツ(エアコン故障しっぱなし)、俺の車人生でエアコン付きの期間はほとんどない、(爆)

厚き雲の向こうを仰ぎ見て想う月の食





コンデジにて撮影(@山梨、去年の春)

************************************************************************
その時その時に感じたことと、それらを紡いだ時に感じることは、
必ずしも同じとは限らない。
************************************************************************




そんなこんなではありますが、
■■■ ライヴ告知 6/18 @KING RAT ← 遊びに来てねん! ■■■
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1735377371&owner_id=16130395




<予告編>
次回は、どっちに行こうか思案中。
■写真道 ■ちゃまの野営料理 ■Chama♪ライヴ動画 ■新ちゃま号物語(ベンツ野蛮仕様とのお別れ)
■つぶやき集




もし気に入って頂けましたら、
blog 左上のランキングボタンを ポチッ と、お願いねん。(^^)/

人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
・Chama♪さん
京都の写真いいですね
Chama♪さん独特の Blueと 地上に散った彩いろがイイですね

時々に 呟かれたコトバたち…
海面に浮かびでたような尖りたち…氷山は水面下に
その6~7倍の塊と質量をもつという
水面に貌をだしたものは その下部の勢いを表出したものもあれば
水面下が息苦しくて ほっと貌をだしたものもあろうか…
コトバの表情はそれぞれ様々 突出は突出でとりまとめると また
一つの表情が視えてくる

NHKアートビートで 荒木経惟とたけしによる60分 テーマは
観る人によって写真は化ける/言葉の真意/伝えようとして来たもの
をみました 荒木氏はオンナで耳目をそばだたせる写真をとるかと思えば
定点記録写真といった風な写真も撮れば 各地で日本人らしい日本人の
顔や人びとと生活も撮るし 奥さんとの新婚旅行写真からその葬儀までをとり
奥さんがいたころから22年いた 奥さんの死後 このねこと暮らしてきて
最近亡くなった愛猫チロの 写真集をだし さらに最寄りでは
70を過ぎて前立腺がんになり その闘病写真から 空を写し続け
そのプリントに文字や彩色して 覚悟のほどだと笑い飛ばしている
230冊近い写真集から たけしに10点ほど 好きな写真を選ばせて
それをみて うれしいねえ うれしいねと 喜んでいた
荒木氏とはだいたい同年代で 氏は電通の写真部いて 後に独立し
広告のほうの写真では あまり撮っていなかった気がしますが
つねに注目してた写真作家でした たけしは たがいに
”およしよ!・・・”といわれることを どうしてもやっちゃうところが
似てるねえと 最後はアラーキーに鬘の 島田や おさげ髪を被せて
撮って 二人とも楽しそうデシタ たけしが 写真に偶然ってあるでしょう…
といったら アラーキーは 珍しくキッパリ 偶然はナイ! と真顔でしたネ

映像も 雄弁に語るコトバ…補足一切不要とアラーキーの貌でした
Posted by Kiara at 2011年06月17日 10:56
■ Kiaraさん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

アートビート見たかったですねぇ。
荒木さんの作品は、語りかける力が凄いですよね。
ご本人が出しているオーラも凄いですけどねぇ。
Posted by Chama♪ at 2011年06月19日 06:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。